長嶋一茂の珍説「隕石は宇宙人が地球人とキャッチボールしたくて投げてくる」

印刷

   アメリカのフロリダ州などで21日(2016年11月)、夜空にナゾの光る物体が飛行し、150件以上の目撃報告が寄せられた。光は徐々に強くなり、強烈な光を放ちながら落下しているように見え、最後に周辺は昼間のような明るさになったという。専門家は地球に接近して爆発した隕石ではないかと見ているそうだ。

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「宇宙人がキャッチボールしたいんでしょ。地球の人と」

   司会の羽鳥慎一「隕石ってのは、宇宙人のキャッチボールなんですか」

   長嶋「ボクはずっとそう思ってましたけどね」

   羽鳥「じゃあ、投げ返さないといけないですね」

tv_20161125123803.jpg

似顔絵 池田マコト

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中