<勇者ヨシヒコと導かれし七人>(テレビ東京系)
山田孝之のパロディミュージカル「レ・ミゼラブル」聞き惚れた!あっと驚く美声

印刷

   山田孝之が勇者ヨシヒコに扮し、ムロツヨシ、宅麻伸、木南晴夏、佐藤二朗らと冒険の旅に出る。福田雄一が監督・脚本の人気深夜ドラマシリーズ第3弾だ。コンセプトは予算の少ない冒険活劇。

   第7話はミュジコという村にやってきたヨシヒコたちだったが、なぜかヨシヒコは無性にフランスパンが食べたくなって、思わず万引きしてしまう。投獄され、そこから突然「レ・ミゼラブル」のパロディがスタートする。ここでドラマはミュージカル仕立てとなり、みんなで歌って踊る。

予算ないけどゲストは豪華・・・深夜番組らしい斬新さに拍手

   山田孝之の美声に惚れ惚れしてしまった。しかし、驚くことはない。山田は赤西仁とユニット「JINTAKA」でシングル「Choo Choo SHITANI」を出したり、ドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」でも歌って、上手さは折り紙付きだ。舞台「フル・モンティ」の経験もあり、ミュージカルを演じてもまったく違和感がなく、引き込まれてしまった。

   木南晴夏はベルバラのパロディ、宅麻伸は美女と野獣のパロディを見事に演じた。ラストでは大地真央も登場し、全員で息の合ったダンスをハリボテの魔物と一緒に披露した。予算はないけど、ゲストは豪華で、やることは斬新。次回も楽しみだ。(放送11月18日深夜0時12分)

PEKO

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中