スペースワールド悪乗り「さかな氷漬けスケートリンク」悪評で営業休止

印刷

   北九州市のテーマパーク「スペースワールド」で、魚5000匹を氷漬けにしたスケートリンクが今月12日(2016年11月)にオープンしたが、「キモイ」「残酷」などと批判が殺到して休館騒ぎとなった。

キビナゴ、トビウオ、サンマ、アジなど25種類5000匹

   住田洋リポーターによると、リンクの氷の中にはキビナゴ、トビウオ、サンマ、アジなど25種類が泳いでいる姿で閉じ込められている。スペースワールドは「海の上を楽しく滑っていただきたいという企画で、海なら魚がいてもおかしくないという発想で魚をいれて海らしく見せました」と話す。

   公式フェイスブックには、魚を氷漬けする様子や氷に半分埋まって口を開けた魚が公開されていて、「おっ、おっ、溺れ。くっ、くっ、苦しい」のコメントが付いている。

   武田敏美総支配人は「浅はかな考えで数多くの皆さんにご迷惑をおかけし深くお詫びします」と頭を下げた。5000匹の魚は取り出して供養することを検討中で、スケートリンクは12月中旬を目標に再開するという。

文   モンブラン
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中