長野の山間に「大麻の隠れ里」栽培していた移住者22人逮捕!受け入れ促進の集落ガックリ

印刷

   長野県北西部の大町市美麻地区と隣り町に移住してきた27~64歳の男女22人が、大麻を所持していた疑いで厚生労働省麻薬取締部に逮捕された。一帯は人口減少と高齢化で空き家が増え限界集落になっていた。地区では住人を呼び込もうと移住者に20万円を交付、大町市もさまざまな助成金を支給し、4年間で90世帯178人を迎え入れた。

   ただ、大町市総務部の市河千春参事によると、逮捕された22人は市の移住促進で助成を受けた人たちではないが、「移住促進に水を差す極めた残念な人たち」と悔しがる。

かつては麻の栽培盛んだった地域

   西山晋平ディレクターによると、美麻地区は粘土質の土壌で麻の栽培に適していたため、かつては麻織物の材料として盛んに作られていたという。しかし、化学繊維にとって代わられ減退していった。逮捕された移住者はそれを知っていたのかわからないが、大麻草もよく育ったというわけで「大麻の隠れ里」になっていた。

   押収された乾燥大麻は10キロ、根のついた大麻草7本で、自分達だけで吸うにしては量が多く、転売をしていなかったかについても調べる。

文   モンブラン
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中