逮捕直前にASKAと電話「本人が普通に出てきてビックリ!」(井上公造)

印刷

   きのう28日(2106年11月)夜、覚醒剤取締法違反(使用)で逮捕された歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(58)は、逮捕直前に芸能ジャーナリスト・井上公造の電話取材に応じていた。

   連行される4時間前の午後4時ごろ、井上がASKAに電話すると何回かの呼び出し音のあとにつながった。井上が「ASKAさんはなんでこんなことになったのか、きょうの報道が不思議だったので。まったく心当たりがないんですね」と聞く。「ないです。まったくないです。テレビを見てびっくりしたんですよ。これで逮捕ってありえますかね」とASKAが答え、最後は「すみません。また電話が入っています」と電話を切った。その間、1分13秒。

   司会の加藤浩次がその様子について井上に聞く。「正直いって電話に出るとは思っていなかったのですが、ごく普通な感じで本人が出てきたのでびっくりしました」

昨年暮から意味不明の発言「盗聴や監視に困ってる」

   ASKAと電話をしあうようになったのは昨年(2015年)12月の上旬ごろ。ASKAから「ブログを始めて本にしたい」「盗聴や監視に困っている」という相談を受けたことだった。それ以来、2~3日に1回連絡するようになったという。

tv_20161129114208.jpg

   加藤「いま思えば、盗聴、監視に困っているという発言を聞いて、おかしいなと思いましたか」

   井上「それはありました。でも、一貫してぶれないのです。盗聴しているグループを特定していて、『(犯人は)間違いない。ただ誰も信じてくれない』といっていました」

ろれつ回らず「だまされて病院に監禁された。助けに来て」

   その後、作った曲を聴いてほしいと「2020年東京五輪」のテーマを送られたこともあった。いままでの曲とは印象が違うと思ったという。今年1月には、ろれつが回らず、睡眠薬を飲んだといい、だまされて病院に監禁されたので助けてほしと訴えたこともあった。5月には「やっと自由になった。九州の病院に転院したら盗聴などの話も信じてくれる。東京に戻ったら食事でも行きませんか」と明るい声で連絡してきたという。

   加藤「1年近く前から盗聴や監視について語っていたから、もしかしてと思ってしまいますね」

   ロバート・キャンベル(東京大教授)「公造さんが継続的に対話していたことは、今後の検証の重要な材料になりますね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中