お正月ごちそう今年は高いぞ!まぐろ、新巻き、かに、イクラ・・・軒並み入荷大幅減

印刷

   正月食材の価格が軒並み高騰しているという。司会の夏目三久は「もしかすると、家庭のお節料理からカニ、イクラ、昆布が消え、少しだけ寂しいお正月になってしまうかもしれません」と心配した。

   築地の場外市場では「軒並み値上がりしています」「こんな年は珍しいですね」という。原因はお天気だ。スルメイカは海水温の変化が影響して水揚げ量が昨年(2015年)に比べ半減という大変な不漁だ。1枚1000円を超え、場外市場では「もう高級珍味」という声も出ている。スルメイカが材料の松前漬けの製造を断念する業者も出てきた。

タラバガニは過去最高値

   スルメイカをエサにしているマグロも品薄で1・5割の値上がり。鮭も不漁で漁獲量は昨年の半分、新巻鮭やイクラも2割アップ。天然昆布も北海道を相次いで襲った台風のため流され価格高騰。ウニやホタテも品薄で1割アップという。カニも中国など海外需要の急増で値上がりを続けており、タラバガニは最高値を付けている。

tv_20161201124940.jpg

   正月用食材は軒並み高騰で、寂しい正月を迎えることになりそう。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中