大迷惑!いい歳の大人がケンカ、小田急線1時間遅れ

印刷

   「電車の乗客が大ゲンカして、1時間以上電車が遅れました」(司会の羽鳥慎一)

   過酷な通勤ラッシュで知られるという小田急線で1日(2016年12月)午前7時ごろ、混雑した車内で座っていた30代男性の頭に、50代男性のコートが何度も当たったそうだ。30代が「顔に当たるのでやめてください」と言ったことで言い争いに発展。怒り心頭の30代が立ち上がると、「ひざがぶつかった」(50代)。

非常停止ボタンで周辺の列車が停止

tv_20161202173435.jpg

   2人は海老名駅で降りてケンカし、その際、どちらかが駅員を呼ぶために、ホームの非常停止ボタンを押し、周辺の列車が停止した。

   「(他の乗客にとって迷惑だが)まあでも、気持ちはわかりますよ。あんだけ混んでたら、イライラするのはわかります。ダメですけどね」(羽鳥)

   「みんなが我慢しているわけですからね、そこは」(宇賀なつみアナ)

   「まあうん、でもわかんなくはないです。ダメですよ」(羽鳥)

似顔絵 池田マコト

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中