「安倍首相から100万円もらいました」 籠池理事長の突然の対決姿勢の裏に何が?

印刷

   虚実入り交じり、霧の中だった森友学園への破格な国有地売却問題。籠池泰典理事長の爆弾発言をきっかけに一転、国会への証人喚問という新たな局面を迎えることになった。

   背中を押したのは、参考人招致すら拒んでいた籠池理事長。問題の小学校建設現場を視察に訪れた参院予算委員会のメンバーに「安倍首相から100万円もらった」「国会でお話しします」と、安倍首相夫妻への対決ともとれる姿勢に転じた発言を行った。いったい何が理事長の心を変えたのか番組が探った。

   参院予算委のメンバーが建設途中の小学校敷地内に入ったのが16日(2017年3月)午後2時。ところが籠池理事長は予算委メンバーをわざわざ報道陣の集まる入り口付近まで連れ戻し、理事長の口から爆弾発言が飛び出した。

   「この建物についてどうぞ賠償していただきたい。これだけの先行投資をしていますから。我々がこの学園を造り上げようとしたのは、皆さま方のご意志があったからだと思っています。しかもそのご意志の中には安倍首相の寄付金が入っていることを伝達します」

領収証は「結構でございます」

   予算委メンバーの説明によると、籠池理事長が話した寄付の金額は100万円。2015年9月、安倍首相の昭恵夫人が、森友学園の経営する幼稚園で講演のため訪れた際に次のようなやり取りがあったという。

tv_20170317161535.jpg

   昭恵夫人から「どうぞこれお使いください」と100万円を。籠池理事長「どなたからですか?」と聞くと、昭恵夫人は「安倍晋三からです」。籠池理事長が「領収書はどうしましょう」と聞くと、昭恵夫人は「それはもう結構でございます」と言われたという。

   このあと自宅に戻った籠池理事長のところへ、あらかじめ打ち合わせておいたのだろう野党4党の議員が面会に訪れ1時間半ほど会談、終わって出てきた理事長が「全て国会でお話しすることにします」と断言した。

   これを受けて菅義偉官房長官が急きょ会見し「総理は『自分で寄付はしていない。昭恵夫人、事務所等も第三者を通じて寄付はしていない』といいうことでありました」と否定した。ところが菅官房長官は「念のため夫人個人が行ったかどうかも現在、確認しているところです」と一見、矛盾する話を付け加えた。

   では、安倍首相夫妻にはこれまで気配りをしてきた籠池理事長が、なぜ急に対決ともとれる姿勢に転じたのか? 番組出演者たちの見方が微妙に割れた。

首相に「可愛さ余って憎さ百倍」か?

   中瀬ゆかり(新潮社出版部長)「国会で安倍さんから籠池理事長が『しつこい』と言われて、恋する人に振られたみたいな、可愛さ余って憎さ百倍みたいな感情になっているとしたら、抱き付き心中みたいな覚悟で挑んでいるという可能性もある」。

   笠井信輔アナ「籠池さんは自分が非難されても相手にダメージを与える何らかの戦略を考えていると思う。我々の思っているより戦略的で、窮鼠は猫をかみますので何かが起きる可能性は十分あると思う」。

   番組にゲスト出演の伊藤惇夫(政治アナリスト)は、「(籠池理事長には)どこか思想的な部分を含めビジネスの匂いを感じ取れるところがある。ターニングポイントは15日。記者会見を中止してノンフィクション作家と打ち合わせをした。あのあたりから方向転換した。今まで仲間と思っていた人たちに裏切られ、このままでは自分だけが悪者にされると反撃に切り替えたのだと思う」と話した。

   籠池理事長が小学校設置認可の申請を取り下げたとたん、財務省は「国有地の返還を求める方針」を決め、国交省も補助金約5600万円の返還を求める方針を示した。大阪府も植樹費用の補助金約650万円の交付中止を決めた。

   手の平を返すように次々明らかになってくる厳しい行政の対応に反発したのかもしれない。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中