2019年 2月 20日 (水)

麻生氏応援する 「フラッシュ」が大人気

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2006年9月20日の「ポスト小泉」を決める自民党・総裁選は安倍晋三候補の圧勝の見方が強い。ところが、ネット上の「投票」では、麻生太郎候補が安倍氏の支持を引き離している。さらに、応援するフラッシュが大人気になるなど、麻生氏の存在感が突出している。

   ネット上では麻生氏の人気がずば抜けている。
   ヤフーの「Yahoo!みんなの政治」のなかでの投票「自民党総裁選に投票できるなら、どの立候補者に投票しますか?」(06年9月11日現在)では、麻生氏が50%でずば抜けてトップ。安倍氏(20%)、谷垣禎一氏(32%)の両候補を大きく突き放した。他のメディアで見られる支持率とは大きな違いだ。

ミクシイでは「麻生太郎氏の口の悪さを楽しむ会」

評判の「ウルトラマンガタロウ」。麻生氏は見ているのだろうか
評判の「ウルトラマンガタロウ」。麻生氏は見ているのだろうか

   SNS「mixi」では「麻生太郎氏の口の悪さを楽しむ会」というコミュニティがあり、実に5000人以上が参加する人気コミュニティとなっている。コミュニティ名から麻生氏を批判するのかと思うと、そうではなく、大半は麻生氏を支持する人だ。「ITの発達で05年までに日本の役所では書類がなくなり、すべてがフロッピーですむ時代になる」という発言をはじめとして麻生氏がITの象徴として「フロッピー」を何度も挙げることから「フロッピー麻生」などと呼ばれているほか、麻生氏を支持するカキコミも多く見られる。
   ネット上ではさらに、「ウルトラマンガタロウ」とういう麻生氏を応援するフラッシュが大人気だ。これは「ウルトラマンタロウ」の主題歌を使ったもので、麻生氏にまつわる画像と「筑豊の父がいる、筑豊の母がいる、そして太郎がここにいる(中略)太郎が飛び立つ、太郎が戦う、太郎!太郎!太郎!ウルトラマンガタロウ」などのテロップが音楽に合わせて流れ、替え歌として歌えるものだ。このフラッシュは「おもしろい」と評判で、掲示板・2ちゃんねるなどでもこれに関連するスレッドも見つけられる。このフラッシュは、麻生太郎事務所のスタッフのなかでも評判になったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中