「eKシリーズ」の新型軽発売 三菱自動車

印刷

三菱自動車は2006年9月13日、ボンネット型軽乗用車で初の電動スライドドア機能を搭載した新型『eKワゴン』新型『eKスポーツ』を、全国で発売した。01年10月登場の「eKシリーズ」は、シリーズ全体で約49万台を販売し、三菱自動車のベストセラーカーの一つとなっている。新型『eKワゴン』『eKスポーツ』は、この二代目となるもので、使い勝手の良い多彩な収納スペースなど「便利」「安心」「気持ちいい」機能を更に発展させた。ワゴンが913,500~1,222,200円(消費税込)、スポーツが1,260,000~1,484,700円(同)。

三菱自動車が発売した『eKワゴン』(左)と『eKスポーツ』(右)
三菱自動車が発売した『eKワゴン』(左)と『eKスポーツ』(右)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中