2020年 4月 6日 (月)

巨人戦日テレ視聴率 あのテレ東に9連敗

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   巨人戦視聴率が失速、巨人軍ビジネスそのものまで揺さぶっている。なにせ、あのテレ東に9連敗したのである。1試合2億円といわれるテレビ放送権料は値崩れを起し、試合中継の取りやめも相次いでいる。

   巨人戦視聴率のひどさを象徴するような「事件」があった。水曜20時のテレビ東京の「いい旅・夢気分」は5月24日(13.0%)の放送以降、巨人戦中継に負けなしである。8月第3週は「夢気分」10.7%に対し日本テレビの「巨人×ヤクルト」5.2%で9連勝を達成した。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

視聴率15%が黒字の条件

巨人戦、テレ東に9連敗
巨人戦、テレ東に9連敗

   この「快挙」にテレビ東京は「巨人戦は意識していないが、地道ないい番組であることが証明できたのはうれしい」とJ-CASTニュースに対して笑顔で語る。一方の日本テレビは「感想?特に無いですね」と素っ気なかった。ゴールデンタイム、しかも制作費が5分の1近い番組に巨人戦9連敗はよほどの屈辱のようだ。

    この週は夏の高校野球甲子園大会「駒大苫小牧×早実」決勝戦引分け再試合がNHK29.1%で、テレ朝(4.6%)、衛星第2(未発表)を加えると30%の高視聴率。3月のワールド・ベースボール・クラシックの決勝(日本×キューバ)の43.4%に続き、野球自体の人気の高さは変わっていない。

   巨人戦視聴率の低迷で8月、視聴率3冠王を続けるフジテレビは8月以降の全面的放送中止を発表、読売グループの日テレも同月の対広島戦の放送を取りやめ、テレ朝もこれに続いた。日テレでさえ放送中止、という報道も流れている。来季もこの傾向は続くとみられている。
   巨人戦中継はどのくらい金がかかるのだろうか。テレ東の菅谷定彦社長は「視聴率15%が取れると考え放送権料1試合1億円で購入した。制作費に1,300万円かかった。これに対しCM料は5,000万円だった」とこぼす。視聴率は5.5%だった。CM料が1億1,300万円以上入らないと赤字になる。それには視聴率15%が条件だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中