2019年 10月 16日 (水)

「エロい」キスCM 大騒動の真相

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   大手出版社のCMに「濃厚キスシーン」が含まれていたとして、出版社に苦情が殺到、ネット上に飛び火した。これを夕刊紙が「ネット上でCM『エロい』と大騒動」と報じたが、実際にネット上を見てみると、「別にふつうじゃん」という声が支配的だ。ただ、このCMに関心が集中しているのは間違いないようで、「ユーチューブ」での閲覧数は30万を超えている。

   2006年10月18日、夕刊フジが話題として取り上げたのは、大手出版社ベネッセコーポレーションが展開する、妊娠・出産・育児を応援する雑誌のブランド「たまひよ」のCMだ。CMは、たまひよ創刊13周年記念の特別CM「チュー編」として関東地区で10月14日から16日の3日間だけ放送された。

「祭り」とはほど遠い状態だった

「濃厚キス」CM、ユーチューブで大人気
「濃厚キス」CM、ユーチューブで大人気

   このCMには若い夫婦と赤ちゃんが登場。最初に母親が赤ちゃんの頬に口づけし、続いて父親も同様にキス。その直後に夫婦の横顔がアップになり、唇を重ねる、という内容だ。同紙によると、ベネッセ社には「行き過ぎではないか」「子どもと一緒に見ていて困った」などとクレームが寄せられたという。さらに、ネット上では過激な書き込みが相次いだ、と紹介している。

   さぞ大規模な「祭り」になっているだろうと思い、J-CASTニュース記者は2ちゃんねるにアクセスしてみたが、全くの期待はずれ。ニュースに関する議論が行われる「ニュース速報+」と呼ばれる掲示板では、2本しかスレッドが立っておらず、内容も「祭り」とはかけ離れている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中