「生茶しゃぶ」開発 キリンビバレッジとミツカン

印刷
キリンビバレッジとミツカンが販促する”生茶しゃぶ”
キリンビバレッジとミツカンが販促する”生茶しゃぶ”

キリンビバレッジミツカンは2006年10月23日、豚肉を緑茶スープにくぐらせて特製タレで食べる「生茶しゃぶ」を共同でレシピ開発したと発表した。佐賀県嬉野温泉発祥の“茶しゃぶ”をヒントに開発したもので、06年11月に全国の量販店約1000店舗の店頭で緑茶スープの「キリン 生茶」と、タレの「ミツカン ぽんしゃぶ」「ミツカン ごましゃぶ」の販売促進を行う。緑茶スープが豚肉特有の臭みを軽減し、さっぱりと味わえるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中