2019年 8月 17日 (土)

2ちゃん「ひろゆき」 女子プロ北田に「全面敗訴」

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   プロゴルファーの北田瑠衣さんがインターネット上の掲示板2ちゃんねるの運営者である「ひろゆき」こと西村博之氏に100万円の損害賠償などを求めた裁判で、東京地裁は2006年10月25日、原告の訴えを全面的に認める判決を下した。しかし、このような「全面勝訴」の判決が出ても北田さん側には冷めた反応しかない。というのも、西村氏がこれまで損害賠償の支払いなどに応じたことがないとされるからだ。

   2ちゃんねるで、北田さんの異性関係などに関係した中傷の書き込みが相次いだため、北田さんは西村氏を相手取って民事訴訟を起こした。しかし、西村氏は裁判に一切出席せず、結局は北田さんが要求していた100万円の損害賠償、違法なカキコミの削除、カキコミをした者の情報開示、これらすべてを命じた判決が下された。

「判決が出ても喜べない」北田側

2ちゃんねるの運営者ひろゆきは判決を無視しつづけている
2ちゃんねるの運営者ひろゆきは判決を無視しつづけている

   しかし、北田さんの代理人事務所の担当者はJ-CASTニュースの取材に対して、

「(判決について)特にコメントすることはない」

   と冷ややかにしか答えない。というのも、判決が出ても喜べない事情があるからだ。

   西村氏には何度も賠償金支払いの判決が下された事例があるが、今まで一度も賠償金を支払ったことがないとされているのだ。訴状についても受け取る意志がない模様で、住民票のある東京・新宿区のアパートのポストは送達文書などが溢れている状態だといわれている。
   現在の居場所もまったくつかめないため、財産を差し押さえることもほぼ不可能で、賠償金支払いの命令が出ても、支払われる可能性もほぼないということになる。つまり、今回の100万円支払い命令も、過去の西村氏の動向からすると実はあまり意味のないものなのである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中