2018年 8月 17日 (金)

雑誌にコメントしたライター 5,000万円賠償請求される

印刷

   雑誌「サイゾー」に掲載された『オリコンのランキングの信憑性』のコメントが、名誉棄損にあたるとし、オリコンは、5,000万円の損害賠償を求める訴訟を2006年12月12日に東京地裁に起こした。訴えられたのはコメントしたライター一人だけ。ライターは訴訟準備をすべて一人でしなければならず、弁護士を雇うだけでも多額の着手金がかかる。「生活できなくなる心配がある。助けてください」などとホームページで訴えている。

   訴えているのは、ヒットチャートなど音楽情報提供会社のオリコン。きっかけになったのは、月刊誌「サイゾー」06年4月号の記事「ジャニーズは超VIP待遇!?事務所とオリコンの蜜月関係」。フリーライターの烏賀陽うがや弘道さんが「サイゾー」からの電話取材に応じた20行ほどのコメントだ。

「事実誤認で、オリコンの事業に多大な影響を与える」

   「オリコンは調査方法をほとんど明らかにしていない」「オリコンは予約枚数をもカウントに入れている」などの部分が事実誤認で、オリコンの事業に多大な影響を与えることにもなりかねないと、5,000万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。こうしたトラブルの場合、記事を掲載した出版社と執筆者の両方を訴えるのが通例だが、オリコンが訴えたのは烏賀陽さん一人だ。

   オリコンIR担当はJ-CASTニュースの取材に答え、訴えたのが烏賀陽さん一人だけの理由を、烏賀陽さんから受け取ったFAXに「烏賀陽さん自身が責任をもって行った、と明言している」ことから、雑誌社への責任は問わなかったのだという。
   さらに、訴状を見ると、名誉回復処分と謝罪広告を合わせた損害請求額は5,000万円だ。なぜこんなに高いのか。オリコンIR担当は、

「賠償金が欲しいというのではなく、これ以上の事実誤認の情報が流れないように(多額の賠償金を課すことで)抑制力を発揮させたい」

と話す。

   実は、オリコンと烏賀陽さんのトラブルは「サイゾー」が初めてではない。「AERA」03年2月3日号の記事「オリコン独占去った後チャートはどう読む?」でも烏賀陽さんはオリコンのデータの信憑性に疑問を投げかける記事を書いている。オリコンは今回の訴訟によって、決着をつけたいという考えらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中