2019年 12月 15日 (日)

バラエティーとお笑い 高野連は嫌いらしい

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本高等学校野球連盟は2007年1月10日、フジテレビに抗議文を送付した。その内容は、フジ系列で6日に放送されたバラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!中居&ナイナイ日本一周健康の旅スペシャル」の「内容」を批判するように見えるが、そうなのか。実際のところ「なぜ選手たちの気持ちを踏みにじる」のかフツーの人には理解できない。

   高野連は07年1月10日に抗議文をフジテレビのバラエティー制作センター宛に速達で送付。同番組について、

「放送された内容は、教育の一環として行われている高校野球の目的から著しく逸脱する番組構成で遺憾です。グラウンドでひたむきにプレイをする選手たちの気持ちを踏みにじる内容でもあり、ここに文書で抗議を申し入れます」

   と抗議した。

直接的に侮辱するような表現、見当たらない

高野連は「選手たちの気持ちを踏みにじる」とフジテレビに抗議
高野連は「選手たちの気持ちを踏みにじる」とフジテレビに抗議

   フジテレビ広報部はこの抗議について、「まだ届いていていない。文書を見てから対応を考える」としている。
   6日に放送された同番組では、06年夏の甲子園大会で優勝した早稲田実業(西東京)の野球部が宿泊した兵庫県西宮市の宿舎で、「ハンカチ王子」として話題を呼んだ斎藤佑樹投手がとった食事や部屋などを紹介。そのほかに、斉藤投手が利用した酸素カプセルにタレントの中居正広さんが入り、お笑いコンビ「ナインティナイ」の岡村隆史さんがそのなかにおならをするなどの演出をして、笑いのネタにした。岡村さんが色紙に「オナラ王子」などと書き宿舎の壁に飾る場面もあったが、斎藤選手や高校球児を直接的に侮辱するような表現はなさそうに見える。
   ネット上の掲示板2ちゃんねるでも、高野連の抗議を疑問視するカキコミが急増している。

「あきらかに高野連の傲慢。高野連の大スポンサーの朝日新聞、毎日新聞系列にないフジ産経グループの報道に激怒してみせたってことだろ」「高野連うぜえ器が小さすぎ」「こうしてニュースにすれば余計世間に知られることにんるじゃんよ」「リアルで番組見ていたが、抗議する理由がわけわからんな」

   実際に高野連にも抗議を批判する問い合わせがあったほか、マスコミからの取材も殺到した。
   高野連の田名部和裕参事はJ-CASTニュースの取材に対し、

「宿舎の対応が問題。お客さんについてプライバシーに関することをもらさないのは宿泊施設としての大原則で、しかもこの宿舎は高野連の指定宿舎で、選手に手配しているのは高野連です。バラエティー番組に出るのが問題とか『おなら』が問題ということではなく、第3者にそうした情報を出すときに断りを入れないのが問題だ」

   とあくまで宿舎側の態度を問題視していることを明かした。だとすると、なぜフジテレビに抗議する必要があったのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中