「2ちゃんねる」閉鎖 これはギャグなのか

印刷

   「2ちゃんねる」の管理人、西村博之さんの全財産の仮差し押さえ申し立てが2007年1月12日に東京地裁に出された。差し押さえの対象が「2ちゃんねる」のドメインにまで及んでいるため、「閉鎖になるのではないか…」とネット上で騒然となっていている。閉鎖の可能性はあるのか、ないのか。

   最初に報じたのは07年1月13日付の夕刊フジ。一面トップに「2ちゃんねる停止」という大きな見出しが躍った。早ければ来週にも強制執行されるという。同紙によれば仮差し押さえを申し立てたのは、ひろゆきさんに対して約500万円の債権を持つ東京都の会社員の男性(35)。男性は「2ちゃんねる」上に自身や家族の実名、住所を晒され誹謗中傷を受けたとして、06年8月に、管理人のひろゆきさんに対し、書き込み者の情報開示を求める申し立てを東京地裁に出した。

「ドメインを差し押さえた事例など聞いたことがない」

2ちゃんねるのトップページには「賠償金滞納処分差押物件」の文字が…
2ちゃんねるのトップページには「賠償金滞納処分差押物件」の文字が…

   同9月に開示を命じる仮処分が出たが、ひろゆきさんは何の対応もしなかったため、間接強制で1日5万円ずつの仮制裁金を科すこととなり、債権は500万円に膨れあがった。それで今回の全財産差し押さえ申し立てになったわけだが、夕刊フジは、

「(差し押さえ)対象となるのは西村氏の銀行口座、軽自動車、パソコン、さらにネット上の住所にあたる2chのドメイン『2ch.net』にまで及ぶ見込み」

   としている。

   「2ちゃんねる」にはこの報道以降120を越えるスレッドが立った。カキコミは

「今回ばかりはもうだめだろ さようならおまえら、楽しかったよ 元気でな 」
「2ちゃんが閉鎖している間、おまいらはどこに集合するの??決めておこうよ!!」
「ニート達ってどうするの?」

   など停止するものと思い込んだものが多い。また、「2ch.netドメインが差し押さえられたときに2ちゃんねるにアクセスする 方法を紹介します」といった対策を呼びかけるサイトも登場した。「差し押さえ請求した会社員はどんなヤツなのか」という非難、追及のカキコミも目に付く。

   ドメイン(インターネット上の住所)が差し押さえられれば、「2ちゃんねる」が停止してしまうのは考えられることだが、果たしてドメインが、ひろゆきさんの「財産」として差し押さえの対象になるのか。数人の弁護士に話を聞いたが、どの弁護士も首を傾げた。
   数多くの「2ちゃんねる」訴訟を手掛けた久保健一郎弁護士は、

「ドメインを差し押さえた事例など聞いたことがない。まぁ、著作権とか特許と同様な形で『手続き上』はできないこともないが、ただ、財産として換価(値段を見積もること)ができるものかどうか…」

   と話す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中