2019年 2月 22日 (金)

ウィキペディア資金難で閉鎖 うわさの「真相」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
「3~4ヵ月後に閉鎖」発言はホント?
「3~4ヵ月後に閉鎖」発言はホント?

   インターネット上の百科事典Wikipedia(ウィキペディア)が、3~4ヵ月後に資金難で閉鎖されるという噂が駆け巡っている。真相はどうなのか。
   事の始まりは2007年2月8日にアメリカの「Lift07」というイベントに登場したWikipedia運営の非営利団体ウィキメディア財団議長Florence Devouard氏が、「このまま寄付が集まらなければ、あと3ヶ月から4ヶ月以内にウィキペディアは資金不足から閉鎖の可能性がある」と語ったとされるとことだ。これに驚いたウィキペディアを愛用する人々がブログに書き込み騒然となった。

「とうとうその日が来たのか」

   サーバーだけで350台。年々ストックする情報が増え続ける中、利用料は無料、広告を取らず寄付によって自主運営をしているだけに、「とうとうその日が来たのか」と考えるブロガーがいてもおかしくはない。
   日本では07年2月11日頃から話題になっていて、

「最近Wikipediaさんが激しく重ぃ 閉鎖?」「Wikipediaを閉鎖させないために必要な金額はいくらなのか?」

などの議論が始まった。
   「2ちゃんねる」にも07年2月11日に

「ウィキペディアが閉鎖するかも…資金難で3~4ヶ月以内に」

などのスレが立ち始め、

「銚子電鉄みたいにはいかんのか?」「ぬれ煎を今から売っても難しいと思う」「1万ぐらいなら出せる。マジ役に立ってるよ」「2chの皆さんどうにか出来ないの?」「こういうときにこそゲイツの出番だ」

など、閉鎖を心配するカキコミがある。一方で、

「どうせ潰れても、多分別のが出来るから無問題」「あんな偏向内容なら閉鎖して当然」「誰でも書けるようにすると間違った知識がいかに多くなるかという見本ではあった」「なんだよこいつら、『貴腐』なんかに頼ってやがったんかいw 潰れていいから!」

などと閉鎖されてかまわないというカキコミは意外に多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中