「つけ麺」元祖「大勝軒」閉店 「しばらくして再開」説も出る

印刷

   「つけ麺」の元祖といわれる東池袋の「大勝軒」が07年3月20日に閉店する。都の再開発事業で立ち退くことになったからだ。一方、公式HPともいえる「山岸 大勝軒」を見ると、いったん閉店した後、再開を匂わす文面が掲載されていて、ファンの間ではちょっとした話題になっている。

社長は「もうやらない」と伝える

「山岸 大勝軒」HPに書かれた東池袋「大勝軒」閉店の知らせ
「山岸 大勝軒」HPに書かれた東池袋「大勝軒」閉店の知らせ

   45年もの歴史を持つ老舗は、日本一行列のできるラーメン店ともいわれ、熱狂的なファンを抱えていた。「山岸 大勝軒」HP上には、東池袋「大勝軒」が閉店するとした上で、

「しばらくご不自由をお掛け致しますが、その間は『南池袋大勝軒』をご利用ください」

   と山岸一雄社長の名で書き込まれている。

   「しばらく」の「ご不自由」を我慢すれば、東池袋「大勝軒」は復活するのだろうかと店に直接たずねてみると、東池袋店の店長は

「(山岸社長は)もうやらない」

   と周囲に伝えている、とJ-CASTニュースに答えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中