2019年 10月 23日 (水)

子供の「漢字書き取り苦手」 テレビが原因かでバトル勃発

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   小学生たちが漢字の書き取りが苦手なのはテレビの影響か――。日本教育技術学会が2007年5月7日に発表した子供たちの漢字習得状況調査の結果を巡り、ちょっとした論争になっている。「テレビっ子は漢字が苦手?」などと報じる新聞に対し、テレビのワイドショーなどが「いつもテレビが悪者になる」と反発しているからだ。

3年生から3時間以上テレビを見る子供が増える

   調査は、小学校教師や大学教授らでつくる同学会が、全国の公立小中学校の延べ約3万8,000人を対象に2004年春に調べた。子供たちは、漢字の読みは得意だが書き取りが苦手、という結果が出た。背景分析の中でテレビの視聴時間も調査した。3時間以上テレビを見る子供は全学年で平均点が低く、1時間以下の子供の平均より200点満点で50点以上も低い学年もあった。「解説」として、3年生から3時間以上テレビを見る子供が増えることに触れ、「長時間視聴層と短時間視聴層との間で『書き』の得点差が開き始める」とだけ分析している。

   調査結果を新聞各社は8日付けで報じた。地方紙を中心にテレビの視聴時間と漢字能力に相関関係があるのでは、という見出しが多く見られた。日経新聞は「漢字『書き方』苦手/テレビ視聴が影響か」と見出しをたて、学会のテレビ視聴時間と平均点に関する点に触れた。東京新聞も「テレビっ子は漢字が苦手?長時間視聴、正答率低く」と報じた。記事ではやはり同学会調査の視聴時間と平均点の関係を紹介している。ほかにも「テレビっ子は漢字が苦手?長時間視聴、正答率低く」の見出しで中国新聞熊本日日新聞西日本新聞などが報じている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中