2019年 10月 20日 (日)

仮想世界で「性行為」すると 罰せられる時代が来た

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   仮想3次元世界「セカンドライフ(Second Life)」で行われている仮想の「性行為」にまで警察が動き始め、実際に罰せられる可能性が出てきた。「セカンドライフ」を運営する米リンデン・ラボ(Linden Lab)も「児童ポルノ」問題について公式コメントを発表、その中で「性的描写や未成年者を含むみだらな行為については断じて許容できない」との方針を明らかにした。しかし、実際にはセカンドライフのアダルトコンテンツはかなりの人気で、そこには驚くような光景が広がっている。

児童ポルノだとして告発される

セカンドライフのアダルトコンテンツはかなりの人気スポットだ
セカンドライフのアダルトコンテンツはかなりの人気スポットだ

   リンデン・ラボは2007年5月9日、公式ブログで「児童ポルノについての告発」と題した声明を発表した。それによれば、07年5月3日にドイツのテレビ局ARDが大人の男と児童が性行為に及んでいることをリンデン・ラボに通報した。もっとも、リンデン・ラボの調査によれば、アバターを使って問題を起こしたのは、現実世界で54歳の男性と27歳の女性で、2人のセカンドライフの利用がただちに禁止されたという。ドイツ当局は捜査に乗り出しており、同社は捜査に協力するとしている。リンデン・ラボはこの事件についての報告のなかで、次のように述べている。

「もしリンデン・ラボが誰かが、性的な表現や未成年者を巻き込んだ性的あるいはみだらな行為を含む、広告、場所、活動に関わっていることを認知した場合、そのアカウントは削除され、当局に通報いたします」

   しかし、リンデン・ラボのこうしたコメントとは裏腹に、セカンドライフ内のアダルトコンテンツはかなりの「人気スポット」で、なかには目を覆うばかりの「わいせつ行為」が蔓延している場所もリンデン・ラボ社の発表後もなお存在している。では、セカンドライフでの「わいせつ行為」とは何なのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中