2019年 7月 20日 (土)

「靖国に行ってみない?」めぐり JCと共産党対立勃発?

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   文部科学省がDVDアニメをつかった新しい教育事業を採択したことに、共産党が噛み付いている。このアニメは、「真の歴史観の確立と愛国心の醸成」を目指す資料として、日本青年会議所が製作した。「靖国神社に行ってみない?」というくだりもあり、共産党は「侵略戦争を正当化する」などと反発しているが、日本青年会議所も「真意は共産党の言ってることと全く逆だ」と反論している。

『誇り』と題されたアニメのDVDが騒動に

日本JCの教育プログラムで扱うアニメが共産党の反発を呼んだ(写真は日本JC「近現代史教育プログラム」の資料)
日本JCの教育プログラムで扱うアニメが共産党の反発を呼んだ(写真は日本JC「近現代史教育プログラム」の資料)

   波紋を呼んでいるのは、日本青年会議所(日本JC)が製作した『誇り』と題されたアニメのDVD。日本JCの教育事業「近現代史教育プログラム」の資料として製作された。文科省はこの教育事業などの研究のために、日本JCに対し約130万円の補助金を支給する予定だ。
   気になるアニメのシナリオは次のようなものだ。

――女子高生の「こころ」は、過去からやってきた青年・雄太に出会う。雄太が日本の歴史を知ることの重要性を説き、「大東亜戦争」について説明。そして、「こころ」に「靖国神社に行ってみない?」と誘い、今度は靖国神社で東京裁判について解説する。そこで雄太は、「勝った国が負けた国を一方的に裁く復讐裁判だった」「(GHQが)戦争で残虐行為を働いた凶悪な日本兵というイメージを日本国民に植え付け、洗脳していった」などと語る。つまり、「贖罪意識」が日本人から、自信と誇りを奪っている、と説く。そして、「こころ」がおばあちゃんの家に行き、雄太がおじいちゃん(おばあちゃんの兄)だったことに気づく。そして、大事なことが「正しい事実をきちんと知ること」を学ぶ。

   このDVDについて、共産党の石井郁子議員は2007年5月17日の衆院教育再生特別委員会で、安倍晋三首相に「靖国神社の戦争観を子どもに刷り込むための教育プログラム」と指摘した。安倍首相は「それは共産党の視点でのビデオの評価ではないか」とかわしたが、石井議員は、

「共産党の視点といわれるのは心外」
「自衛のための戦争、アジア人開放のための戦争と言っていいのか。村山首相の談話はどうなるのか。村山談話は共産党の視点なのか。教育プログラムとして、このDVDが学校で普及するのは(村山談話を踏襲すると言う)政府の立場として、相容れないのではないのか」

と噛み付いた。安倍首相は「自分の目で確かめていないから、なんとも言えない」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中