新生銀行に業務改善命令 金融庁

印刷

金融庁は2007年6月28日、公的資金の注入を受けている新生銀行の07年3月期決算が初の赤字となり、経営健全化計画で示した収益目標を大幅に下回ったことから、同銀行に業務改善命令を出した。同行の3月期決算は貸金業法改正などによって、子会社の信販会社アプラスと消費者金融シンキの影響を受けて、419億円の赤字を計上していた。経営健全化計画では730億円の黒字を予想していた。
新生銀行は同日、「このような処分を受けたことを真摯に受け止め、引き続き経営基盤の強化や収益力の向上を進めることで、公的資金の返済に向けて全力で取り組んでいく」とのコメントを発表した。7月27日までに業務改善計画を提出する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中