2020年 1月 19日 (日)

民主の「黄門様」渡部氏 「福田君が首相だったら結果は違った」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「黄門様」こと渡部恒三・民主党最高顧問が20時30分ごろ、日本テレビの特番「ZERO × 選挙2007」に出演、

   「福田君(康夫・元官房長官)が首相だったら結果は違った。安倍君はあまりにも苦労が無かった」

と、福田氏が首相になっていれば民主党はここまで躍進しなかった、との見方を示した。

   渡部氏は小泉政権後の首相の人選について、「ずっと前から日本のためなら福田氏、民主党が政権を取るためには安倍氏、と言ってきた」とし、

   「小泉の地方切捨ての政策が、現実に地方の生活にあらわれた。安倍君は気の毒。しかし、福田君だったら違った。安倍君はあまりにも苦労が無かった。『俺達がこんなに苦しんでいるのに、総理はわかってくれない』と思われている。福田君だと『一緒に苦労しているんだな』となった」

と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中