内部告発警官の異動は「報復人事」 愛媛県に賠償命令

印刷

愛媛県警に不正経理があったとして内部告発を行った仙波敏郎巡査部長(58)が、告発直後に報復人事をされ精神的苦痛を受けたとして県に損害賠償を求めていた訴訟の判決が2007年9月11日、松山地裁であった。判決では、「配置転換は報復で行われたと推認され違法」「異動は社会通念上著しく妥当性を欠く」などと原告側の主張をほぼ認め、請求全額の100万円の支払いを命じた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中