「痴漢逮捕」でゲーム発売見合わせ コクヨ「ここまでやるのか」?

印刷

   ゲームソフト開発に携わったコクヨの契約社員が痴漢と傷害の疑いで逮捕された。コクヨは、発売直前だったニンテンドーDS用「ビズ能力DSシリーズ 話心の素」の発売を当面見合わせ、店頭に並んだ製品も回収すると発表した。「過剰反応」という疑問から「これは発売できん」と見合わせを当然視する意見が出ている。

「犯行」がたまたま発売日前日

ゲームソフトの発売見合わせを知らせるコクヨのHP
ゲームソフトの発売見合わせを知らせるコクヨのHP

   2007年9月12日朝、コクヨの契約社員(30)=横浜市=がJR東海道線上り電車内で女性(25)の胸を触り、さらに社員の手をつかんだこの女性の顔を殴ったとして、乗客らに取り押さえられた。「現行犯逮捕」として引き継いだ神奈川県警が、傷害と県迷惑行為防止条例違反の疑いで社員を13日に送検した。複数のスポーツ新聞が「ひじが胸に当たりムラムラしてやった、などと容疑を認めている」と報じている。

   事務用品大手のコクヨは9月13日、自社ホームページに相次いで「お詫び」を掲載した。まずは「当社社員の逮捕に関してのお詫び」。「ご迷惑とご心配をお掛けし」と謝罪した上で、「詳細が把握できておらず、今後の捜査を見守って行きたい」「厳粛に受け止め、社内のコンプライアンス体制の更なる強化を(略)」とうたっている。また「お詫びとお願い」として、偶然にも13日が発売当日だったゲームソフト「ビズ能力DSシリーズ 話心の素」の発売を「当面の間、見合わせいたします」とも発表した。店頭に並んだものは回収し、買った人がいた場合、返品の希望があれば「別途対応させていただきます」としている。

   発売予定のゲームはどのような内容だったのか。コクヨのプレスリリースなどによると、「あなたの話、ほんとうに伝わっていますか?」という副題を掲げ「『話し方』徹底トレーニング」とうたっている。他人とのコミュニケーションに苦手意識のあるビジネス関係者向けだ。1,450問の問題を解き、「話す際の間のとり方」や「様々な状況において、適切な受け答えができる判断力」などを鍛える内容になっている。当初7月26日の発売予定だったが、作業の遅れから「たまたま」発売日が9月13日にずれていた。

   9月18日現在、2ちゃんねるには複数のスレッドが立っている。中には、「新製品回収だって。過剰反応じゃないのか」「凍結する意味がよく分からん。(略)なんだか異常な対応に思えるけど」と、発売見合わせに対し否定的な意見も散見される。一方で、ゲームの内容と犯行の内容のギャップを暗に指摘し、発売見合わせを当然視するものも少なくなかった。ゲームの副題「あなたの話、ほんとうに伝わっていますか」を紹介した上で「これは発売できんww」、「ゲームの内容が『話心の素』ときたら、(発売見合わせは)仕方ないだろ」などだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中