2020年 10月 24日 (土)

年金横領で社保庁ついに告発へ 池田、大崎2市の元職員

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   市町村職員の年金横領問題で、社会保険庁は2007年10月10日、同日までに刑事告発見送りの報告があった大阪府池田市宮城県大崎市の元職員を両市に代わって告発することを明らかにした。J-CASTニュースの取材に対し、認めたものだ。一方、2市からは、「唐突な感じ」などと戸惑いの声が出ている。

「警察から告発の指示はなかった」と大阪府池田市

2市の元職員への告発方針を決めた社会保険庁
2市の元職員への告発方針を決めた社会保険庁

   この問題では、舛添要一厚労相(58)の意向を受けて、社保庁が2007年10月2日、7年の公訴時効に達していない9市町の元職員を告発するように各市町に要請。このうち、池田、大崎両市が10日までに、社保庁に対し、「告発しない」と正式な回答を寄せた。

   これに対し、社保庁サービス推進課では10日、J-CASTニュースに対し、2市の元職員を業務上横領罪で地元警察に告発する方針を明らかにした。同課の担当者は、「直ちにできるものでなく、元職員の名前と市の処分記録などの物証を確認しなければならない。そのうえで、地元警察と協議して初めて告発することになる」と話す。告発する時期については、「時効の期限が切れてしまったら意味がないので、早急に行うべきものは行う」としている。

   社保庁や各紙の報道などによると、このほか告発見送りの方針を示しているのは、群馬県大泉町、三重県鳥羽市、愛媛県新居浜市、秋田県男鹿市、福島県田村市、北海道様似町。告発を決めたのは、東京都日野市だけだった。同市では、元職員を10月4日付で警視庁日野署に告発している。

   大阪府池田市では、女性職員(当時42歳)が2002年に国民年金保険料42万6000円を着服・横領したことが発覚した。同市人事課によると、当時、市の調査委員会での検討を経て、1か月の停職処分に。その後、横領金額が確定したため、諭旨免職にしたという。元職員には、退職金656万円余りが支払われた。

   なぜ懲戒免職にしなかったかとJ-CASTニュースが聞くと、担当者は「すでに停職という懲戒処分が決まっていたので、これ以上の処分はできなかった。停職処分も軽率に決めたわけではない」と弁明した。また、今回告発を見送った理由については、「当時は、警察や社会保険事務所に報告したが、告発の指示はなかった。弁護士らを含めた調査委員会の答申に沿い、社会情勢や他の事案を考慮に入れて処分を決めた」ことを挙げている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中