TBSまた「印象操作報道」疑惑 「事前の打ち合わせと全然違う」

印刷

   TBS系バラエティ番組「アッコにおまかせ!」の2007年10月14日放送で、歌うバーチャルアイドル「初音ミク」が紹介される代わりに、「ミク」を愛好する「オタク」の「キモイ」映像ばかりが流され、「ミクのイメージが壊れた」など、ネットが騒然となっている。TBSの取材を受けた人達は「内容が事前の打ち合わせと全然違う」として憤慨し、「ミクのファンや関係者に申し訳ない」と謝罪。ネット上には「またTBSによるヲタの印象操作」などのカキコミも出ている。

「ミクが紹介されていない」「なんでヲタばかり映すんだ」

「『ミク』よりも、オタクが露出した『アッコにおまかせ!』」(TBSより)
「『ミク』よりも、オタクが露出した『アッコにおまかせ!』」(TBSより)

   放送されたのは、最新の流行を紹介する「ルーキーワード」コーナー。冒頭は「初音ミクって知ってる?」などアキバでの街頭インタビューがあり、メーカーのクリプトン・フューチャー・メディア(本社:札幌市)の担当者のコメント「つんく♂さんが『モーニング娘。』をプロデュースするかのように、自分の作った歌を歌わせることによってプロデュース感覚が味わえるソフトです」が映された。

   そして、いよいよ「ミク」の歌声が聴けるかと思ったら、「ミク」を愛好しているという2人の男性が登場。個人宅に置いてある総額100万円という音楽機材が映された後、「3次元の女性には興味ない」「(アニメのポスターの女性は)オレの嫁の1人(嫁の数は)100から先は覚えていない」などと発言。そして、セーラー服(実際はステージ衣装)を着てポーズ。「ミク」の歌声は数秒しか流れなかった。

   放送後、「ミクがきちんと紹介されていない」「なんでヲタばかり映すんだ」など怒りのカキコミがネットに出た。しかし、この放送を見て一番驚いたのは、「ミク」のファンよりも、出演した男性と、取材をセッティングしたクリプトン社の「ミク」開発者だったようだ。それは、「打ち合わせをした内容と全然違う」からなのだという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中