ガソリン店頭価格150円台に達する可能性

印刷

石油連盟の渡文明会長(新日本石油会長)は2007年10月17日の記者会見で、原油の調達コストが前月比で1リットル当たり5円程度上昇する見通しを明らかにした。原油高の影響で、ニューヨーク市場で原油先物価格は1バレル88ドル台を突破し、最高値を記録している。新日石は調達コスト上昇分を11月のガソリンなどの石油製品の卸値に転嫁し、5円超値上げする方針。他の元売り各社も値上げに踏み切る見通しだ。
石油情報センターが同日に発表した全国平均のレギュラーガソリンの店頭価格は、前週より20銭高い1リットルあたり144.9円で、07年8月に記録した最高値145.4円に接近している。石油元売り最大手の新日石が値上げすることで、最高値を更新することが濃厚になったほか、150円台に達する可能性も出てきた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中