2019年 4月 24日 (水)

うの・紀香効果で「感動挙式」 料理や衣装、演出にお金かける

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   神田うのさんと藤原紀香さんの豪華挙式は、記憶に新しい。そこまでいかなくても、結婚式にお金をかけるカップルが増えている。結婚情報誌「ゼクシィ」の調査によると、結婚費用はこの5年で100万円ほど増えて、今や400万円台に突入した。ただ、ハデ婚というより、何かにこだわる「感動婚」なのだそうだ

首都圏の平均結婚費用は436万円

   「ハデ婚というより、こだわり派の結婚式が増えたということですね。料理や衣装、演出などにお金をかける人が多くなっています。要望が多くて料理の試食会を始めましたが、日にちを設定するとすぐに満席になってしまいます」

   都内で最も有名な結婚式場の一つ「明治記念館」のマーケティング企画室担当者は、J-CASTニュースの取材にこう答えた。

   結婚式に金をかける傾向がはっきり現れたのが、ゼクシィが2007年10月22日に発表した「結婚トレンド調査」の結果だ。それによると、06年度に首都圏で結婚式を挙げたカップルの平均結婚費用は、前年度比で29万円増え、436万円に達した。これは、結納・婚約から新婚旅行までの総額だが、式関係に絞っても増加の割合はほぼ同じだ。ジミ婚と言われて久しいが、首都圏の結婚費用はこの5年間で99万円もアップし、結婚式は様変わりしている。

   なぜ金のかかる結婚式が増えたのか。ゼクシィの伊藤綾編集長は、J-CASTニュースに対し、こう答えた。

   「列席者に特別のおもてなしをするなど、式で自分たちらしさを出したいという人が増えたからです。結婚式を一生に一度の思い出と考えて、スナップ写真に平均で21万円もかけるようになっています。その背景には、自分たち2人が主役であり、家と家よりも、個人と個人のつながりを大切にしたいと考える人が多くなったことがあります」

   結婚式に使う金の額に年齢の差はなく、式場などを、時間をかけて選ぶ傾向があるという。ゼクシィの調査でも、式の演出に「こだわったと思う」と答えた人は73%にも上った。心がけたことのベスト3は、「アットホームなムードになること」「自分らしさを表現できること」「列席者を退屈させないこと」で、いずれも60%前後の人が回答している。仲人を立てた人は、1%にも満たなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中