2018年 10月 21日 (日)

「初音ミク」フィギュアに予約殺到「予想できない数字」に膨らむ?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   歌うバーチャルアイドル「初音ミク」のフィギュアの予約販売をしたところ、わずか1日半で「アマゾン」だけで1万体を超え、他のネット通販やショップでの予約を加えると「予想できない」数字になっている。フィギュア業界では2000体~3000体売れればヒットと言われる中で異常な数字。大人気アニメ「らき☆すた」「涼宮ハルヒ」のフィギュアと比較しても、ダントツ人気なのだという。

「ニコニコ動画」で告知、ファンの目に留まった

「はちゅねミク」の顔も付いている (c) Crypton Future Media, Inc. ALL RIGHTS RESERVED
「はちゅねミク」の顔も付いている
(c) Crypton Future Media, Inc. ALL RIGHTS RESERVED

   「ねんどろいど 初音ミク」の予約販売を開始したのは玩具・フィギュアの企画・制作・製造・販売のグッドスマイルカンパニー。2007年11月26日の午前零時に予約販売の告知をした瞬間から「アマゾン」に注文が集中。翌27日の午後零時には「アマゾン」だけで注文が1万を突破したのだという。同社では大人気アニメ「らき☆すた」「涼宮ハルヒ」に登場するキャラクターフィギュアも販売してきたが、同社広報はJ-CASTニュースに対し、

「初動段階では初音ミクの方がかなり上回っている。今後、ネット通販やショップからの予約数を合わせると、どれくらいの数になるか予想できない」

と話し、驚きを隠さない。

   こんなに予約が来ている背景について、同社広報は、「初音ミク」のタイトルパワーに加え、「ミク」の人気を高め、支えている投稿動画サイト「ニコニコ動画」で発売の告知をしたため、ダイレクトにファンの目に留まった。また、一体の値段が税込み3000円というフィギュア初心者でも買いやすい値段設定だったことが要因なのではないか、としている。ちなみに、今主流の8分の1スケールのフィギュアの一般的な値段は5000円~6000円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...