崎陽軒を「シウマイ」誤表示で立ち入り調査

印刷

崎陽軒が「シウマイ」などで原材料の表示を誤っていた問題で、農水省は2007年11月28日、日本農林規格(JAS)法に基づき崎陽軒本社などを立ち入り調査した。同社の発表によると、原材料の誤表記があったのは「シウマイ」5品目をはじめ、「昔ながらのシウマイ」「帆立粥」「横濱かりぃ」など10種類22品目。原材料表示が重量順になっていなかったり、「干帆立貝柱」とすべきところを「帆立貝柱」と表示するなどしていた。同社は一連の食品メーカーの不祥事を受けて07年11月中旬から社内調査を実施。11月22日に原材料表示が重量順になっていないことを確認したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中