2020年 10月 31日 (土)

キヤノンの消耗品ビジネス「勝訴」でも消費者の不満強く

ルイボスブレンドだからノンカフェイン。就寝前のリラックスタイムにおすすめ。

   プリンター用インクカートリッジのリサイクル品販売で特許権が侵害されたとして、キヤノンがリサイクル業者に販売差し止めを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁は特許権侵害を認め、販売差し止めを命じた。

プリンター低価格、カートリッジ割高、という商法?

敗訴した「リサイクル・アシスト」では、キヤノン以外のカートリッジも販売している
敗訴した「リサイクル・アシスト」では、キヤノン以外のカートリッジも販売している

   訴えられていたのは「リサイクル・アシスト」(東京都豊島区)。使用済みカートリッジを加工したリサイクル品を中国から輸入し、純正品より2~3割安く販売していた。だが、最高裁は「インク漏れを防ぐキヤノン特許の効果を再現した」と指摘した。

   リサイクル品が幅広く出回る中、最高裁判決は「知的財産権重視」の判断を示したと言える。同時にカートリッジ価格を割高に設定して利益を稼ぐキヤノンの販売戦略も維持されることになった。ただ、消費者の不満は根強く、低価格のリサイクル品を買い求める動きは今後も衰えそうにない。

   純正品が割高なのは「製造コストに加え、信頼性、安全性を実現する研究開発費を勘案している」(キヤノン)ためという。最高裁判決についてキヤノンは「今後も知的財産を重視し、質の高い商品を提供していく」とのコメントを発表した。

   しかし、キヤノンはプリンターメーカー大手でもあり、キヤノン製プリンターの購入者はキヤノン製カートリッジしか使えない。キヤノンは「プリンターを低価格で売り、購入者が頻繁に取り替えるカートリッジの価格は割高にして高収益を得る」という消耗品ビジネスを展開してきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中