2018年 7月 17日 (火)

日航、早期退職に目標1.6倍の320人が応募

印刷

   日本航空(JAL)は2008年1月15日、客室乗務員を対象にした特別早期退職者の募集に320人から応募があったと発表した。2007年11月~12月にかけて募集したもので、目標としていた200人の1.6倍に上った。すでに実施した部長・次課長級社員を対象にした早期退職者の募集では、約880人から応募があった。これと合わせて、08年度では100億円程度の人件費削減が見込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中