2019年 9月 21日 (土)

数年使ったらファイル壊れる? DVD 、USBメモリの寿命に注意!

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「大事な記録はデジタル化して長く保存しよう」という人は多いが、コトはそう簡単には運ばない。「永遠に保存できる」の思いこみは禁物で、DVDの場合、どのメーカーを選ぶかで「寿命」に大きな違いがある。また、よく使われるUSBメモリにも実は同様なことがあるというのだ。

   CDが登場して30年近くがたち、「CDは経年劣化するもの」という話は、そうめずらしくなくなったが、今後映像などを残すためにニーズが伸びそうなDVDについても、この問題はついてまわるようだ。

新品なのに「すでに寿命」と判定されたDVDもある

ニュースサイトでは、USBメモリが寿命を迎える様子が紹介されている
ニュースサイトでは、USBメモリが寿命を迎える様子が紹介されている

   「財団法人デジタルコンテンツ協会」が03年から06年にかけて行った調査では、DVDのブランドによって、寿命に大きな違いが出てくることがわかっている。国内外の複数のブランドの製品に対して、劣化が進みやすい高温環境に置いて実験したところ、ある製品は「実験中に劣化が進まなかった」として事実上「寿命なし」と判断された一方で、「実験する前からエラーの割合が基準より多い」として、いわば「新品なのにすでに寿命が来ている」と判定されたものもある。

   良好に保存するためには「日光に当てない」などの管理方法の他に、そもそも「どのブランドを選ぶか」が重要だとも言えそうだ。

   一方、記憶媒体としてすっかり一般的となったUSBメモリについても、「寿命」の問題はある。USBメモリには半導体素子が使われており、これに書き込める回数に限界があるのだ。書き込めなくなった段階で「寿命」という訳だ。

   ブログ形式のニュースサイト「GIGAZINE(ギガジン)」が2月4日に掲載した記事では、USBメモリが「寿命」を迎える瞬間を詳しく伝えている。同サイトに掲載された記事によると、USBメモリ内のZIP形式ファイルをPC内のHDDに戻して解凍しようとしたところエラーが発生、画像ファイルが正しく表示できなくなるなどの問題が発生している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中