2018年 7月 18日 (水)

「報ステ」古舘氏が謝罪 「アダルトチルドレン」誤発言で

印刷

   2008年2月14日放送のテレビ朝日のニュース番組「報道ステーション」のなかで、キャスターの古舘伊知郎氏は2月13日の放送で「アダルトチルドレン」という言葉を誤って使ったとして謝罪した。
   古舘氏は、同番組で2月13日放送の「18歳は成人か」というニュースのなかで、「立派な大人なのにぜんぜん子供」「がまんできない」という意味合いで「アダルトチルドレン」という言葉を使った。同氏は14日の放送で、「アダルトチルドレン」という言葉は、子供時代にアルコール依存の親のもとで育ったことなどにより大人になっても悩み苦しんでいる人たちを指し示す言葉だった、とした上で、

「本当に苦しんでいる方々に失礼なことをしたと思っております。本当に申し訳ありませんでした」

と頭を下げて謝罪。「以後こういったことを気をつけたいと、真剣に思っております」と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中