2018年 7月 22日 (日)

東京23区のオフィス供給 08年は前年比5割も減少

印刷

   森ビルは2008年2月25日、東京23区の大規模オフィスビルについての市場動向調査結果を発表した。それによると、延べ床面積1万平方メートル以上のオフィスビル供給量は、2008年に2年連続で減少し、前年比45.3%減の65万平方メートルにまで落ち込む見込み。
   背景には、大規模用地の不足でオフィスビルの開発が進まない事情があるとみられる。森ビルでは、09年以降も供給量が低迷するとみており、需給はしばらく逼迫するという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中