2018年 7月 21日 (土)

京セラ製au携帯電話 電池に破裂・発煙の恐れ

印刷

   KDDI京セラは2008年3月28日、au携帯電話「W42K」(京セラ製)の一部の電池パックが発煙したり破裂したりする事故が13件あったと発表した。「W42K」は3月26日現在で約21万台稼動している。
   電池パックにキズやヘコミがつく程度の力が加わると、損傷した絶縁シートが充電・放電の繰返しで機能低下し、ショートが発生することが原因。KDDIは、対象機種の利用者に書面で告知し、交換用の電池パックを送付する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中