外国人投資家、3月の売越し額 過去2番目に

印刷

   東京証券取引所が2008年4月3日に発表した3月の株式売買動向によると、外国人投資家の売越し額が1兆2982億円(東京、大阪、名古屋の3市場)となり、5か月連続の売越しとなった。月間の売越し額としては、米サブプライムローン問題が深刻化した07年8月の1兆333億円を上回り、1987年10月のブラックマンデーのとき(2兆232億円)に次いで2番目の規模だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中