2019年 1月 20日 (日)

東大が大学院入試で問題漏らした准教授を懲戒解雇

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京大学は2008年4月28日、07年度の大学院修士課程の入試問題を複数の受験生に漏らしたとして、同大海洋研究所の浦川秀敏准教授(37)を25日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。

   出題委員だった浦川准教授は、「ラムサール条約」「京都議定書」といった入試問題のキーワードをメールで受験生らに教えていた。

   ほかに、監督者としての責任を問い元専攻長、元研究科長ら5人を減給、訓戒、厳重注意処分にした。小宮山宏総長と教育担当理事らが給与1か月分の10%を自主返納する。

   入試の合否判定について東大は、「入試成績を調べた結果、合否判定の変更はない」としている。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中