アニメ違法アップの逮捕者 「最速の職人」ともてはやされた理由

印刷

   ファイル共有ソフト「Share」を使って、人気アニメ「コードギアス」「機動戦士ガンダム」などを無断にアップロードしていたとして、会社員男性など3人が著作権法違反で逮捕された。インターネット上で彼らは「最速の職人」などと呼ばれ、一部では「間違っていたのは職人じゃない」といった声さえ上がっている。なぜ彼らはもてはやされたのか。

「Share」利用しているアニメファンに有名な人物

   京都府警などは2008年5月9日、ファイル共有ソフト「Share」を使って、テレビで放送されたアニメ番組を無断でアップロードして送信していたとして、神奈川県川崎市の会社員男性(34)、東京都日野市の会社員男性(41)、広島県広島市の大学生(21)の3人を、著作権法違反(公衆送信侵害)の容疑で逮捕した。

   コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によれば、これまで「WinMX」、「Winny」の利用者が著作権侵害で逮捕されているが、「Share」の利用者が逮捕されたのは、今回が初めて。

   会社員男性(34)は、08年4月13日、サンライズが著作権を持つアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第2話『日本 独立 計画』」を、ファイル共有ソフト「Share」を通じて権利者に無断でアップロードして不特定多数のインターネットユーザーに対して送信できるようにしていた疑い。会社員男性(41)は08年4月1日に、大学生(21)は08年4月6日に、同社が著作権を持つアニメ「機動戦士ガンダムOO(ダブルオー) 第25話『刹那』」を「Share」を通じて権利者に無断でアップロードした疑いが持たれている。また、この大学生(21)は「他のユーザーが喜んでくれるのが嬉しかったため、アップロードを繰り返した」などと供述しているという。

   ACCSによれば、これら3人の男性は大量にアニメ番組をアップロードし続け、巨大掲示板「2ちゃんねる」で話題となっていた人物という。実際ネット上では、アニメ番組放送後にファイル共有ソフトを素早くアップロードし、「最速の関東職人」「安心と信頼の元エース」などと呼ばれ、「Share」を利用しているアニメファンのあいだでも有名な人物だったようだ。さらに逮捕後には、「間違っていたのは職人じゃない!世界の方だ!」「神は死んだ」「明日のギアスどーすれば良いんだよ」など書き込みがネット上に相次いでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中