統合後の三越伊勢丹 営業益が実質19%減

印刷

   三越伊勢丹ホールディングスは2008年5月12日、統合初年度の09年3月期の連結営業利益が340億円になる見通しとなったと発表した。三越と伊勢丹で単純合算した08年3月期の営業利益に比べると、実質19%の減少となった。かさんだ統合費用や高額消費の低迷などで、両社の単独業績がそれぞれ減益となるのがその理由という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中