北の湖理事長が2横綱に口頭で厳重注意

印刷

   日本相撲協会の北の湖理事長は2000年5月27日、東京・両国国技館に朝青龍と白鵬の両横綱を呼び出し、口頭で厳重注意した。08年5月25日の土俵上で、両横綱がにらみ合うなどの行為をしたため、理事長は横綱審議委員会から厳重注意すべきと進言されていた。ただし、両横綱を直接合わせることはせず、両横綱の和解は先送りになった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中