おちまさとが「ビックリ」 若者のDVD事情

印刷

   人気番組プロデューサのおちまさとさんは、若い世代が吹き替え版で洋画を観ていることにびっくりしている。2008年6月11 日のブログに書いている。

「海外映画をDVDで観る時若い世代の70%が吹き替え版で観るらしい」

   小学生の頃にアメリカ映画「ジョーズ」を観て、「スクリーンの向こう側に行く」と決意したおちさんにとって、「洋画=字幕」なのだという。

「いいとか悪いとかでなくビックリした。
だからここ数年吹き替えの方々がとても有名な訳だ」

   DVDを観るスタイルが変わってきたのではないかと推測している。

「やはり雑誌を読みながら耳からDVDそして時々モニターを観るみたいな感じなのかな。
やはりいろいろ世界は変わってきている」
「70%が吹き替えを観る事を水野さんはどう思っただろうか」

   映画評論家の水野晴郎さんは、6月10日に亡くなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中