秋葉原事件の被害者撮影 モラル論議が巻き起こる

印刷

   秋葉原通り魔事件の被害者を携帯などで撮影した人たちが、「不謹慎」などと叩かれ、論議になっている。市民がネットで次々に情報発信したこの事件では、マスコミと同じようなモラルが問われているようだ。

「不謹慎だから止めて下さい!」

携帯撮影を批判的に取り上げた各週刊誌の記事
携帯撮影を批判的に取り上げた各週刊誌の記事

   通り魔事件では、週刊誌各誌が、凄惨な現場にレンズを向けた人たちにも矛先を向けている。

   週刊新潮2008年6月19日号では、亡くなった2人の友人である東京電機大学生の怒りを紹介した。この学生は、応急処置のできる人がすぐに集まったものの、倒れた2人を携帯電話やデジカメで撮っている野次馬が周りにたくさんいたと告白。

「不謹慎だから止めて下さい!」

   こう叫んだが、みな止めようとはしなかったという。学生は、ミクシィの日記でも、このことを書き、「なんなんだよお前ら、馬鹿ばっか・・・ カメラぶっ壊してやろうかと、携帯逆折りしてやろうかと そう思った」「・・・なんで? 悔しくて涙が止まらなかった」と打ち明けている。

   被害者をケータイで撮りまくるアキバ系のイヤな感じ。こんな刺激的な見出しをつけたのが、週刊文春6月19日号。記事では、「すぐメールで送る」と興奮して携帯で被害者を撮ったり、駅前の歩道橋上や交差点で携帯をかざしたりする若者たちに言及した。そして、「非常にイヤな感じ」とぼやく現場の記者の声を伝えている。

   また、女性セブン6月26日号では、文春と同様な見出しを掲げ、「不気味な光景」と指摘した。「写真なんか撮るな!」。こう怒る警察官もいたが、みなソッポを向き、写真を見せ合っていたとしている。

   こうして撮られた写真や動画は、友人などの間で私的に見られたらしい。その一方で、ネット上の掲示板や動画サイトなどに投稿する人も多かった。惨劇の現場にいた人が発信しただけに、テレビよりも情報が早く、しかも、書き込みや画像に直接体験者ならではの迫力があった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中