2018年 7月 23日 (月)

有機EL-TV、12年には300億円の市場 富士キメラ総研

印刷

   有機EL-TVは2012年には数量ベースで20万台、金額ベースで300億円の市場が予測される・・・そんな予想がマーケティング&コンサルテーションの富士キメラ総研から出された。有機EL-TVは現在11インチと小型の上、歩留まりの問題から生産数量が限られるため市場が限定的だが、技術革新により製品の大型化、歩留まりの向上、さらにはサムスン電子や東芝などの参入メーカーが出揃うことで10年頃から徐々に市場が拡大していくと見ている。

   また、07年のTV市場全体(薄型TVとCRT-TVの合計)に占める薄型TVの比率は93%で、10年には100%に達すると予測している。こうした調査結果は「デジタルAV機器市場マーケティング調査要覧(2008年版)」にまとめられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中