サッポロ、「黒ラベル」缶にCO2排出量表示へ

印刷
サッポロビールが導入する「カーボンフットプリント」
サッポロビールが導入する「カーボンフットプリント」

   サッポロビールは2008年6月19日、主力商品のビール「黒ラベル」の缶に1缶当たりのCO2排出量を2009年から表示すると発表した。

   「カーボンフットプリント」と呼ばれる、製品の製造・流通・廃棄についてのCO2排出量を算定・表示する国際基準に基づいた仕組みを利用した取り組み。同社によれば、食品業界では世界で初めての表示という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中