NHK記者を諭旨免職 盗用問題で処分

印刷

   NHK長野放送局松本支局の大田明博記者(35)が信濃毎日新聞の記事を盗用した問題で、NHKは2008年6月24日、大田記者を諭旨免職、長野放送局の安田昌樹局長(54)、放送部長、副部長の3人を減給処分にすると発表した。同局は「NHK報道の信頼性にかかわる重大な問題と受け止めており、視聴者並びに関係者の皆さまにあらためておわび申し上げます」とコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中