スーパー売上高、上期は12年連続減

印刷

   日本チェーンストア協会は2008年7月22日、08年上期(1月~6月)のスーパー売上高を発表した。前年同期比0.3%減の6兆5262億円で、上期としては12年連続の減少となった。品目別に見ると、食料品は1.8%増だったが、衣料品が6.0%減と大きく落ち込んだ。専門店との競合が影響したものとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中