現職女性警官の赤裸々告白 「給料がいい。この不景気にスゴイ」

印刷

   石川県警の女性警官が、警察は「給料がいい」などとPRするサイトが話題になっている。警察はどこも人材難に悩んでいるが、このサイトの効果もあってか、同県警の受験者は増加に転じたという。もっとも、いざ警察官になれば、やりがいがあっても、激務なのには変わりがない。

大学院を1か月で中退して県警入り

顔写真まである「ミキティの部屋」
顔写真まである「ミキティの部屋」

   石川県警本部のホームページから、「ミキティの部屋」のサイトに入ると、いきなりショートケーキの絵が目に飛び込んでくる。ピンク色の格子柄を背景にしたデザインは、とても警察のサイトとは思えない。

「現職女性警察官が赤裸々に告白します。チョットのぞいてみませんか?」

   サイトでは、そんなキャッチフレーズとともに、ミキティこと、コジマミキ巡査部長自身や警察の紹介が、親しみやすい言葉でつづられている。

   そこでは、ミキさんは当初、「警察官には全く興味がありませんでした」と告白。それでもなろうとしたのは、給与面の良さに惹かれたからだという。「給料がいい この不景気にスゴイなぁ」と思ったと、率直に打ち明けている。そして、警察官の仕事を知るようになってから、次第にやりがいに目覚めていったとしている。

   ミキさんは、1970年代生まれで、石川県内の大学院を1か月で中退して、2000年に石川県警入り。交番勤務や交通指導取締係などを経て、06年3月から県警本部警務課の企画係などをしている。

   ミキティの部屋は、06年8月に開設した。最近も、警察学校で取材した記事を更新するなどしており、ネット上でも時々話題に上っている。

   石川県警警務課では、サイトを開設した理由について、団塊世代の大量退職に伴う人材不足のため、警察官の応募者を増やしたかったと明かす。

「警察は、敷居が高くて、組織が分かりづらいという声を多く聞きました。しかし、通常の語りかけでは、なかなか関心を持ってもらえません。そこで、できるだけ等身大の警察官の姿を伝えようと、女性警官を選んで、ある程度、自由に書いてもらいました」

   ミキティの部屋については、「人間味ある内容に好感が持てる」「警察のページとしては面白い」との声が寄せられているという。批判的なメールや電話などはほとんどないとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中